つれづれハングル

気楽にハングルを始めよう

【50音】 覚えなくても分かる150%辞書「つれづれハングル」 #や行

f:id:doitnowkeepitup:20191225003701j:plain

「やゆよ」← これが読めれば、覚えなくても分かる韓国語が、数多く存在します。 「分かる」というか、「言える」ようになり、しかも「相手に伝わる」ようになります。 覚えるのが苦手なひとも、続けられるか心配なひとも、何度も挫折を味わったひとも、どうぞ、お気軽に。

「つれづれハングル」150%辞書 - まず 100% 覚えなくても分かる韓国語「や行」

  1. 揶揄(やゆ)
  2. 有利(ゆうり)
  3. 誘因(ゆういん) ⚡
  4. 要素(ようそ)

 韓国語の特徴としては、ほぼ長音の区別がなく、日本語のように、アクセントによって意味が変わってしまうこともないため、安心して、思いっきり、そのまま言ってしまってください。

こわがらず、自信をもって、倍速くらいのスピードで言うと丁度いいです。

 

特に3番目の「誘因」なんかは、日本語だと4文字もありますが、韓国語では、ひとつの漢字は、全部1文字なので、2倍のスピード「⚡」で言った方が、より自然な感じに聞こえます。

 

「つれづれハングル」150%辞書 - おまけに 50% 覚えなくても分かる韓国語「や行」

  1. 揶揄(やゆ) → ・・😷・・🐌
  2. 有利(ゆうり) → 有無(ゆうむ)、有料(ゆうりょう)、金利(〇り)
  3. 誘因(ゆういん) ⚡ → 誘導(ゆうどう) ⚡、要因(よういん)⚡
  4. 要素(ようそ) → 要求(よう〇)、必要(〇よう)、素朴(そ〇)、元素(〇そ)

お気付きかと思いますが、全部、日本語での漢字の音読みが同じものになります。

50%と言いながらも、100%のものも、結構、ありましたね。

 

韓国語では、訓読みがなく、すべて音読みなので、その事実さえ覚えていれば、この他の単語も、すぐ見つけられると思います。

残りの「〇」の読み方ですが、まだ焦らなくても大丈夫です。 1文字のテキストが終わって、2文字のテキストになったころ、きっと、また出会えるはずです。


「つれづれハングル」150%辞書 - すべて 0% になる、たった一つの注意事項

f:id:doitnowkeepitup:20200116005125j:plain

絶対に、ひらがなを、1文字ずつ、バラして言ってはいけない

い・け・な・い

「や行」は、以上です。

他にも何かに思い出したら、加えておくので、よかったら遊びにきてください。

💁