つれづれハングル

気楽にハングルを始めよう

【気楽】 勉強いらずのハングル講座「つれづれハングル」 #아

f:id:doitnowkeepitup:20191218153349j:plain

「아」← これ、何か分かりますか? -10の鏡文字だと思う人?

はい、手降ろして結構ですよ。 まだ分からなくても、読めなくても大丈夫です。

この1文字が、今回の記事のテキスト、韓国語の母音「아」です。

そうです、今回は「아」についてお話しします。 辞書もノートとペンもいりません。

それでは、気楽にハングルをはじめましょう。

韓国語の母音「아」の発音

「아」の発音は、ひらがなの「あ」とほぼ同じ音です。

まず、実際に聞いてみましょう。

🎧 再生

 「あ」に聞こえるでしょう? 言うときも、そんな感じで大丈夫です。

 

韓国語で「아」という音の意味

『あ、そう言えば...』とか、『あっ痛い』などの「あ」と同じ意味で使われます。

3~4倍くらい長くすると、『あーんして』の「あーん」と同じ感じの使い方もできます。

 

韓国語で「아」と読まれる漢字

韓国語の場合は、こんな漢字が「아」と読まれます。

亜(아)、我(아)、児(아)、芽(아)、牙(아)、雅(아)

でも、どの漢字も「아」1文字で使われることは無いので、安心してください。

まだまだ覚えなくても大丈夫です。 テキストが2文字になった頃に、また、詳しく見てみることにしましょう。

 

韓国語「아」の聞き取り

さぁ、本番です。 もし、「아」という声が聞こえたら?

はい、先ほど、お話しした通りです。

つまり、短い『아!』なら、何か思い出したのかな?それとも、どこか痛いのかな?と思えばいいのです。

長い『아ーーー』の時は? 口を大きく開けて待っていれば、何とかなるでしょう。

試しに、誰かに是非『아ーーー』と言ってみてください。 きっと相手も、口を開けてくれると思います。

そんな時は、何かおいしいものでも、口の中に入れてあげてください。

f:id:doitnowkeepitup:20191220022252j:plain

またボチボチ投稿するので、良かったら、遊びに来てください。

💁 このエントリーをはてなブックマークに追加 🙋

次の記事も書きました。 暇つぶしにでも、読んでみてください。