つれづれハングル

気楽にハングルを始めよう

【気楽】 勉強いらずのハングル講座「つれづれハングル」 #오

f:id:doitnowkeepitup:20191227001318j:plain

「오」← これ、何か分かりますか? バス停だと思う人? それとも、ドラえもんの鼻だと思う人? はい、手降ろして結構ですよ。 どちらも、正解です。 見た目の覚え方としては、それで完璧です。 残りの細かいところは、何とか、なります。

 全く分からなかった人も、ドラえもんの絵描きうたを思い出した人も、みんな大丈夫です。

この1文字が、今回の記事のテキスト、韓国語の母音「오」です。

そうです、今回は「오」についてお話しします。 辞書もノートとペンもいりません。

それでは、気楽にハングルをはじめましょう。

韓国語の母音「오」の発音

「오」の発音は、ひらがなの「お」とほぼ同じ音です。

最初の母音「」から、今回の「오」まで、どれも日本語に似ているので、分かりやすいです。

騙されたとおもって、まず、実際に聞いてみてください。

🎧 再生

 「お」に聞こえるでしょう? 言うときも、そんな感じで大丈夫です。

 

韓国語で「오」という音の意味

『いち、に、さん、し、ご、...』の「ご」のときに使います。

数日、いろいろ思い出そうとしても、「ご」しか、思い出せませんでした。

ということで、今回は、少し余談を。

 

今までのすべての韓国語の母音についている「ㅇ」、このまるい形ですが、これの意味は「特になし」です。 つまり、「ここは特に何もなく空いていますよ」マークみたいなものです。 音的には、「오」は「ㅗ」で、十分、事が足りるのです。

それなら、なぜ「ㅗ」に、わざわざ「ㅇ」を加えて「오」と書くかと言いますと?

この「ㅇ」の場所は、後から出てくる「子音」が入るスペースだからです。

 

そのスペースのお陰で、韓国語は、「오段」以外のどの段も、ぜんぶ、見た目が同じ、という、ますます安心できそう、という余談でした。

 

韓国語で「오」と読まれる漢字

韓国語の場合は、こんな漢字が「오」と読まれます。

五(오)、汚(오)、午(오)、誤(오)、娯(오)、烏(오)、伍(오)

そこそこ、数はありますが、この漢字の中で「이」1文字で使われるのは、ほぼ、五(오)だけなので安心してください。

この韓国語での漢字の五(오)は、日本語と同じく、漢数字1、2、3、4、5、...の「5」のことです。

その他の漢字は、まだ覚えなくても大丈夫です。 テキストが2文字になった頃に、また、詳しく見てみることにしましょう。

 

韓国語「오」の聞き取り

さぁ、本番です。 もし、「오」という声が聞こえたら?

はい、先ほど、お話しした通りです。

『오』と言われたら、「5」のことを言っているのかな?と、予測しましょう。

それまでの話の流れから、「5」で足りる場合は、首を縦に振りながら、五本の指を見せたり、少し多いと思う場合は、首を横に振りながら、三、四本の指を見せたりして、はっきり、意思表現をしてみるのも良いでしょう。

 

f:id:doitnowkeepitup:20191230013816j:plain

またボチボチ投稿するので、良かったら、遊びに来てください。

💁 このエントリーをはてなブックマークに追加 🙋

次の記事も書きました。 暇つぶしにでも、読んでみてください。