つれづれハングル

気楽にハングルを始めよう

【気楽】 勉強いらずのハングル講座「つれづれハングル」 #야

f:id:doitnowkeepitup:20200102005447j:plain

「야」← これ、何か分かりますか? OKだと思うひと? たしかに似ているけど、よく見ると、ちょっと違います。 母音の「あ」だと思う人? ああ、おしいです。

でも、満点でなくても「아」は、とても素晴らしい答えです。 右にもう一本、枝が出ているところ以外は「아」と同じなので、ほぼ正解です。 「あ」とか枝とか、今なんの話をしているのか、全く分からない人も、まだOKにしか見えない人も、みんな大丈夫です。

この1文字が、今回の記事のテキスト、韓国語の母音「야」です。

そうです、今回は「야」についてお話しします。 辞書もノートとペンもいりません。

それでは、気楽にハングルをはじめましょう。

韓国語の母音「야」の発音

「야」の発音は、ひらがなの「や」とほぼ同じ音です。

今までと同じく、今回の「야」も、日本語に似ているので、分かりやすいです。

では、さっそく聞いてみましょう。

🎧 再生

 「や」に聞こえるでしょう? もし「や」に聞こえなくても安心して「や」と言ってください。 ひらがなの「や」は「야」に聞こえるはずです。

 

韓国語で「야」という音の意味

韓国語において、この1文字は、とくに深い意味を持ちません。

日常会話では、ほとんど、誰かを呼ぶときの注意喚起として、使われます。

『おーい、そこの君』の「おい」や、『こらっ!』の「こら」など、英語の『Hey, you...』の「Hey」とも近い感じのイメージです。

つまり、目上のひとや親しくない相手には使えません。 親しいひとでも、笑顔で言わないと、ケンカを売っているように聞こえることもあるので、注意しましょう。

 

とにかく、「야」は、日常的に、非常によく使われる言葉なので、きょうみのある人は、韓流ドラマなどを見ながら、友達や恋人同士が冗談を言い合って笑うときも、ケンカをはじめて怒るときも、いかに「야」が使われるかを、是非、チェックしてみてください。

 

韓国語で「야」と読まれる漢字

韓国語の場合は、こんな漢字が「야」と読まれます。

野(야)、夜(야)

今回は、少なめです。 しかも、どちらの漢字も「야」1文字で使われることは、おそらく無いので、安心してください。

もしかすると、150%辞書シリーズの方で、少しふれるかもしれませんが、今は、どちらも、まだ覚えなくても大丈夫です。 今回の漢字も、テキストが2文字になった頃に、また、詳しく見てみることにしましょう。

 

韓国語「야」の聞き取り

さぁ、本番です。 もし、「야」という声が聞こえたら?

はい、先ほど、お話しした通りです。

素早く、相手と相手の表情を確認してください。

もし、こわおもてな知らない男だったら、まず、良くないことが起きるかもしれないので、十分、警戒しましょう。 その後、状況がすこしでも悪くなりそうなときは、一旦、安全な場所へ逃げるか、誰かに助けを求めてください。

 

逆に、仲の良い誰かが、笑顔で手を振ってくれているのが見えたら、同じく、笑顔で手を振ってあげましょう。

 

f:id:doitnowkeepitup:20200102030645j:plain

またボチボチ投稿するので、良かったら、遊びに来てください。

💁 このエントリーをはてなブックマークに追加 🙋

次の記事も書きました。 暇つぶしにでも、読んでみてください。