つれづれハングル

気楽にハングルを始めよう

【気楽】 勉強いらずのハングル講座「つれづれハングル」 #요

f:id:doitnowkeepitup:20200106004151j:plain

「요」← これ、何か分かりますか? エリンギだと思う人? それとも、しいたけだと思う人? はい、手降ろして結構ですよ。 どちらも、素晴らしい答えです。 何か似ているものを見付けられれば、それで大成功です。 外国語なんて、覚えるのは大変なのに、忘れるのは簡単、あっという間です。 つまり、無理しても、割に合わないのです。

ということで、まだ分からなくても、全く読めなくても大丈夫です。

この1文字が、今回の記事のテキスト、韓国語の母音「요」です。

そうです、今回は「요」についてお話しします。 辞書もノートとペンもいりません。

それでは、気楽にハングルをはじめましょう。

韓国語の母音「요」の発音

「요」の発音は、実は、ひらがなの「よ」とほぼ同じ音です。

それでは、さっそく、聞いてみましょう。

🎧 再生

「よ」に聞こえるでしょう? 言うときも、そんな感じで大丈夫です。

 

韓国語で「요」という音の意味

『요』...

日常会話で「요」1文字が使われそうな場面は、とくにありませんでした。

 

字数があまったので、ここからは、少し余談です。

前の「」の記事も読んだひとは、お気付きでしょうが、「오」と「요」は、形が似ています。 「」と「」の場合や、「」と「」の場合も、同じことが言えますが、これらのふたつの文字の間には、ある共通点があります。

そうです、短い枝が二本になると、さいしょの音が「Y」に変わるのです。

ローマ字で書いてみると、そのルールが、はっきり、見えてきます。

「아(A)」:「야(YA)」

「이(I)」: 母音の形に短い枝がないので、とくになし

「우(U)」:「유(YU)」

「오(O)」:「요(YO)」

「애(E)」:「얘(YE)」 ← これ、見たことないひとでも、もう、読めそうな気がしませんか?

以上、余談でした。 何となく分かったひとも、さっぱり分からなかったひとも、大丈夫です。 そのうち、また、出会えます。 

 

韓国語で「요」と読まれる漢字

韓国語の場合は、こんな漢字が「요」と読まれます。

要(요)、謡(요)、曜(요)、妖(요)、腰(요)

日常的によく使われるのは、とくにないので、まだ無理に覚える必要もありません。 テキストが2文字になった頃に、また、詳しく見てみることにしましょう。

 

韓国語「요」の聞き取り

さぁ、本番です。 もし、「요」という声が聞こえたら?

はい、先ほど、お話しした通りです。

それは、おそらく、聞き間違いですが、へこまないでください。 よく聞き直せば、大丈夫です。

 

f:id:doitnowkeepitup:20200104013417j:plain

またボチボチ投稿するので、良かったら、遊びに来てください。

💁 このエントリーをはてなブックマークに追加 🙋

次の記事も書きました。 暇つぶしにでも、読んでみてください。

 

150%辞書シリーズも始めました。 こちらも、どうぞ。