つれづれハングル

気楽にハングルを始めよう

【気楽】 勉強いらずのハングル講座「つれづれハングル」 #와

f:id:doitnowkeepitup:20200108234040j:plain

「와」← これ、何か分かりますか? 「ㅗ」とか「ㅏ」とか、ゲームオーバー寸前のテトリスにしか見えませんが、〇も付いているから、たぶん、違いますね。

はい、うすうす感づいた人も、さっぱり分からない人も、大丈夫です。

これは「お」と「あ」が合体した新しいタイプの形ですが、恐れる必要はありません。 ただ、それだけのことです。

これで、ひらがなと似た発音の母音は、惜しくも最後になりますが、その1文字こそが、今回の記事のテキスト、韓国語の母音「와」です。

そうです、今回は「와」についてお話しします。 辞書もノートとペンもいりません。

それでは、気楽にハングルをはじめましょう。

韓国語の母音「와」の発音

「와」の発音は、ひらがなの「わ」とほぼ同じ音です。

まず、実際に聞いてみましょう。

🎧 再生

 「わ」に聞こえるでしょう? 言うときも、そんな感じで大丈夫です。

 

韓国語で「와」という音の意味

『わーすごい!』などの「わ」と同じ意味で、日本語と全く同じように使われます。

また、『こっち来て』の「来て」や、『早く来いよ!』の「来い」など、きてほしいときの命令としても良く使われます。 もちろん、命令なので、目上のひとには使わないでください。

 

韓国語で「와」と読まれる漢字

韓国語の場合は、こんな漢字が「와」と読まれます。

・・・

なんと、今回はありません。

厳密にはゼロではないのですが、日常的に使われる漢字は特にありませんでした。

 

字数が余ったので、ここからは、少し余談です。

ちょうど、「あ」から「わ」までの似たような母音の紹介が終わりました。

そこで、なぜ、毎回、1文字がどういう音で読まれるかを、このコーナーで紹介しているかについて、すこしその効果のようなものを、お話ししたいと思います。

それでは、いくつか、振り返ってみます。

有(유)、油(유)、由(유)、維(유)、劉(유)、流(유)、乳(유)、遺(유)、誘(유)、裕(유)、遊(유)、幼(유)、留(유)、唯(유)、柔(유)、幽(유)、柚(유)

亜(아)、我(아)、児(아)、芽(아)、牙(아)、雅(아)

宇(우)、雨(우)、遇(우)、優(우)、友(우)、牛(우)、右(우)、郵(우)、憂(우)、愚(우)、羽(우)

どうでしょうか。 見覚えは、ありませんか。

 

1文字では、あまり意味がないようにも見えますが、日本語と比べると、韓国語は同音異義語が極めて少なく、各文字の音だけで、容易に漢字が推測できるのです。

それが、昔は日本と同じく漢字を使っていたけど、だんだん、画数の少ないテトリスみたいなハングル文字が好まれるようになった理由のひとつかも知れません。

 

ほんとうに同音異義語が少ないのか、Google先生に聞いてみた結果です...

f:id:doitnowkeepitup:20200109014244p:plain

読めなくても結構です、左側がぜんぶ「こうしょう」なのに、右側はぜんぶ違う音になっていることが見て分かればOKです。

 

話を戻しますが、さきほどの「유」「아」「우」の漢字から、早速、質問です。

第1問:「🎧 유아」と書かれていたら、それは、どういう意味でしょう?

第2問:「優雅」という単語は、なんと発音すれば良いでしょう?

けっこう、上級な表現ですが、すでに言えるようになっているはずです。 焦らず、ゆっくりどうぞ。

 

韓国語「와」の聞き取り

余談が長くなりましたが、気を取り直して... さぁ、本番です。

もし、「와」という声が聞こえたら? はい、先ほど、お話しした通りです。

誰かおどろいた顔をしている人がいたら、すこし興味を持った表情で、何があったか聞いてみるのも良いでしょう。

もしくは、誰かに呼ばれたのかも知れないので、その時は、さっさと、行ってあげてください。

 

f:id:doitnowkeepitup:20200108234028j:plain

またボチボチ投稿するので、良かったら、遊びに来てください。

💁 このエントリーをはてなブックマークに追加 🙋

次の記事も書きました。 暇つぶしにでも、読んでみてください。

 

150%辞書シリーズも始めました。 こちらも、どうぞ。