つれづれハングル

気楽にハングルを始めよう

【気楽】 勉強いらずのハングル講座「つれづれハングル」 #워

f:id:doitnowkeepitup:20200120010622j:plain

「워」← これ、何か分かりますか? 「ㅜ」とか「ㅓ」とか、ゲームオーバー寸前のテトリスだと思うひと? それとも、〇が付いているから、違うと思うひと?

なるほど、みんな、なかなか良いセンスをしていますね。 感心しました。

まだ、さっぱり分からなかった人も、大丈夫です。 心配はいりません。

 

これは、母音の二つが合体したタイプの形ですが、前の「」のときに、一度、見ているので、まったく、恐れる必要はありません。 ただ、2文字が合体して1文字になっただけのことです。

この1文字が、今回の記事のテキスト、韓国語の母音「워」です。

そうです、今回は「워」についてお話しします。 辞書もノートとペンもいりません。

それでは、気楽にハングルをはじめましょう。

韓国語の母音「워」の発音

「워」の発音は、カタカナの「ウォ」とほぼ同じ音です。

どこかで見たことありませんか?

はい、そうです。 空港などで見かける「₩(ウォン)」の「ウォ」の音です。

とにかく、実際に聞いてみましょう。

🎧 再生

 「ウォ」に聞こえるでしょう? 言うときも、そんな感じで大丈夫です。

 

韓国語で「워」という音の意味

「ウォン」の音なら、お金のことだと、分かりますが、残念ながら「ウォ」で終わっているので、お金の意味ではなさそうです。

 

韓流ドラマの大河ドラマ風なものを見ていると、よく、馬に乗って走る昔のひとが登場したりしますが、しばらく馬を走らせて、止めるときは、だいたい、こんな声を出します。 『ウォーー、ウォ』... 🐴

その他にも、韓流ドラマでは、めったに見られないシーンだと思いますが、

牛を止める時も、よく、『ウォ、ウォ』と言います... 🐮

以上です。

 

つまり、日常会話において、「워」1文字で、人間に何かを伝えることは、特にありません。 たしかに、英語の「WAR」の音も「워」になりますが、日本語と同じく、争いのことを「WAR」という外来語で言うことは、日常的には、ありません。

 

韓国語で「워」と読まれる漢字

韓国語の場合は、こんな漢字が「워」と読まれます。

・・・

なんと今回は、全くありません。

つまり、「워」という漢字は存在しません。 これは、習いたい側のひとからすると、だいぶ、ラッキーなことでもあります。

「워」が含まれた単語は、漢字でないことが分かったので、どんな漢字か無理に予測する必要もなくなります。

 

これからも、いくつか、漢字が存在しない音が出てくるので、それらの音の共通点などをこころの中で、少しずつ、整理しておけば、段々、ハングルの見た目だけで、音の向こう側が見えてくると思います。 急がなくても、だんだん、そういう風に、なります。

焦らず、ゆっくり、ハングルライフを、楽しんでください。

 

韓国語「워」の聞き取り

さぁ、本番です。 もし、「워」という声が聞こえたら?

はい、先ほど、お話しした通りです。

今、馬か牛のコスプレをしているのなら、取り合えず、止まってあげましょう。

 

それとも、ゲームや映画のタイトルの話かもしれないので、もし知っている話なら、どんどん話して、盛り上がりましょう。 『🎧 포스가 함께 하기를

 

f:id:doitnowkeepitup:20200120012015j:plain

またボチボチ投稿するので、良かったら、遊びに来てください。

💁 このエントリーをはてなブックマークに追加 🙋

次の記事も書きました。 暇つぶしにでも、読んでみてください。