つれづれハングル

気楽にハングルを始めよう

【気楽】 勉強いらずのハングル講座「つれづれハングル」 #외

f:id:doitnowkeepitup:20200125005219j:plain

「외」← これ、何か分かりますか? 21個の母音中、いよいよ「ㅣ」で終わる8個だけが残っていて、その最初となるのが、この「ㅚ」です。 (「意味なし」マークは省略)

ㅗ ㅏ ㅜ ㅓ」→「 ㅟ ㅔ」

ㅛ ㅑ ㅠ ㅕ」→「💥ㅒ 💥ㅖ」

ㅘ ㅝ」→「ㅙ ㅞ」

」→「ㅢ」

もう少しで、最初のゴール、母音のマスターです。 諦めず、頑張らず、続けましょう。

 

先ほど、「ㅣ」で終わると言ったのは、見た目通り、今まで見てきた母音の後ろに「ㅣ」をくっ付けることで、バリエーションを増やしたように見えます。

とにかく、前にお話しした「오」の拡張版、その1文字が、今回の記事のテキスト、韓国語の母音「외」です。

そうです、今回は「외」についてお話しします。 辞書もノートとペンもいりません。

それでは、気楽にハングルをはじめましょう。

韓国語の母音「외」の発音

さきに言っておきますが、「외」の発音は、とても難しいです。

常に、正しい発音で話しているネイティブスピーカーとは、なかなか、出会えません。

映画でもドラマでも、ほとんどのひとは、「외」の本来の音の代わりに、比較的に似ていて、発音しやすい、他の母音の音を使って話します。

 

一旦、「외」本来の発音を、聞いてみましょう。

🎧 再生 x 5

(※前半の4回までが本物で、最後の5回目は、一旦、無視してください)

何とか言えそうなひとは、それで大丈夫ですが、まったく言えなそうなひとも、まだ諦めないでください。

 

つづいて、今度は、代わりに使われている発音を、聞いてみてください。

🎧 再生 🔰

聞き取れましたか。 「お」と「え」のように聞こえませんか。

つまり、素早く「おえ」⚡と言えば、ほぼ、近い音になるので、それで通じると思いますが、それはあくまでも、偽物(🔰)の発音なので、本来の音の方も、ちゃんと聞いて、慣れておくことも大事です。

本来の発音の出し方は、「お」の口のまま、「い」と言う方法が、おすすめです。

 

韓国語で「외」という音の意味

『외...』なんて言われることは、まず、ないでしょう。

特に「외」1文字では、意味を持ちません。

 

ただ、日常会話では、偽物の音の「おえ」⚡の方は、非常によく使われているので、意味を知っておく必要があります。

少し前倒しの予習になりますが、その意味とは、『なんで?』や『どうして』『何故』などの理由を知りたいときの疑問をあらわす言葉になります。

 

韓国語で「외」と読まれる漢字

韓国語の場合は、こんな漢字が「외」と読まれます。

外(외)

なんと、「외」1文字で使われるのは、一般的には、外(외)だけです。

覚えやすいというか、もう全部、覚えてしまったと言っても良いでしょう。

 

でも、甘く見てはいけません。 聞き取れさえすれば、100%「外(외)」であることが分かりますが、みんな、おえおえ、言っているので、なかなか、強敵です。💦

 

韓国語「외」の聞き取り

さぁ、本番です。 もし、「외」という声が聞こえたら?

はい、先ほど、お話しした通りです。

何よりも、本当に聞き取れたなら、聴解能力の向上を大いに喜んでください。

 

でも、『외...』と言うひとはいないので、おそらく、聞き間違えだと思います。

たぶん、『おえ⚡』と言われたのでしょう。

そんな時は、よく考えて、理由を教えてあげてください。

 

f:id:doitnowkeepitup:20200125005216j:plain

またボチボチ投稿するので、良かったら、遊びに来てください。

💁 このエントリーをはてなブックマークに追加 🙋

次の記事も書きました。 暇つぶしにでも、読んでみてください。