つれづれハングル

気楽にハングルを始めよう

【気楽】 勉強いらずのハングル講座「つれづれハングル」 #에

f:id:doitnowkeepitup:20200204000309j:plain

「에」← これ、何か分かりますか? 電柱についているカーブミラーだと思う人?

はい、正解です。 よくできました、素晴らしいです。 不正解だったひとも大丈夫です。 次回、頑張りましょう。

という茶番はさておき、この1文字が、今回の記事のテキスト、韓国語の母音「에」です。

そうです、今回は「에」についてお話しします。 辞書もノートとペンもいりません。

それでは、温かいお茶でも飲みながら、気楽にハングルをはじめましょう。

韓国語の母音「에」の発音

「에」の発音は、ひらがなにもカタカナにもない、非常に難い音です。

以前、紹介した「」の口のまま、「」を言うという神業がこなせるひとは、そんな感じで問題ありませんが、そもそも、「어」が難しくて言えない母音でしたね。

どうしましょう。 「気楽」をモットーとしている以上、頑張って練習してください、なんて、そんな無慈悲なことは絶対に言いません。 安心してください。

 

では、どうするかと言いますと、今回も、「어」のときと同じく、ちゃんと言うのは諦めて、いったん、「え」に逃げましょう。

『えっ?「え」って、「」でしょ?』と疑問に思うひともいるかもしれませんが、それで大丈夫です。

実際、韓国語のネイティブスピーカーには、「애」と「에」は、明確に、別の音として聞こえます。 しかも、「僕の」と「君の」という真逆の言葉が「내」と「네」で、なんとも紛らわしいこの二つの母音だけで、聞き分けなければならない、という信じ難い現実が、近い将来に立ちはだかっているのです。 😱💦

でも、大丈夫です。

そのときになったら、そのとき用の逃げ方を、用意しておくので、恐れる必要はありません。

 

気を取り直して、話を戻しますが、いったん、「에」は、「え」と発音してください。

韓国語の初心者のみなさんが、発音を上達させるための努力に比べれば、

聞く側の韓国語のプロが、聞き取り力を上達させるために必要な努力は、1/100程度、いえ、ちょっと注意すれば、努力すら要らない、という話になるのです。

 

初心者であるうちは、コスパの悪い発音の上達に無駄なエネルギーを消費しないで、相手の聞き取り力の上達を促すだけにとどめ、とにかく、気楽に楽しむことに注力してください。

ここで、相手の聞き取り力の上達を促すこととは、1文字や2文字で勝負しないこと、です。

つまり、相手が正確に認識できるように、相手に与える情報量を増やすことです。

その情報量とは、流暢な発音ではなく、一度に言う文章全体の文字数なのです。

特に長文である必要もなく、5文字程度でも、音の誤りを100%補正できる十分な情報量になります。

 

例えば、「새(鳥)」と「세(三)」、この1文字ずつを相手に正確に伝えるのは非常に難しいですが、「🎧 새개 주새요」と言ってしまっても、相手は100%「🎧 세개 주세요」と認識してくれます。

ちゃんと、三つもらえるはずなので、読めるひとは、是非、お試しください。 👍

 

🎧 再生 x 5

そうです。 どれが「애」でどれが「에」か聞き取れないのが、普通です。

 

韓国語で「에」という音の意味

『에...』と、なんて言葉は、ありません。

 

つまり、日常会話において、「에」1文字で成り立つ言葉は、無いです。

 

韓国語で「에」と読まれる漢字

韓国語の場合は、こんな漢字が「에」と読まれます。

・・・

なんと漢字も、ありません。

まったく無い訳ではないですが、日常会話で使われる漢字は、無いです。

 

なんか、得した気分です。 😅 その楽しい気持ちのまま、これからも、気楽につづけてみてください。

 

韓国語「에」の聞き取り

さぁ、本番です。 もし、「에」という声が聞こえたら? そもそも、聞こえるのでしょうか?

はい、正解です。 そんな声は、聞こえてきません。

もし、聞こえた気がしても、あまり、びっくりしないで、クールな表情をキープしてください。 

f:id:doitnowkeepitup:20200204000313j:plain

またボチボチ投稿するので、またまた遊びに来てください。

💁 このエントリーをはてなブックマークに追加 🙋

次の記事も書きました。 暇つぶしにでも、読んでみてください。