つれづれハングル

気楽にハングルを始めよう

【気楽】 勉強いらずのハングル講座「つれづれハングル」 #얘

f:id:doitnowkeepitup:20200206001317j:plain

「얘」← これ、何か分かりますか? タマゴとハシゴだと思う人?

はい、手降ろして結構ですよ。 おおむね、正解です。 全く分からなかったひとも、タマゴとかハシゴとか、意味が分からないと思うひとも、とりあえず、みんな大丈夫です。 この記事を読み終わったころには、何となく、分かってくるはずです。

 

だんだん、眠くなってくる時間なので、さっそく、はじめましょう。

タマゴとハシゴにも似た、この1文字こそが、今回の記事のテキスト、韓国語の母音「얘」です。

そうです、今回は「얘」についてお話しします。 辞書もノートとペンもいりません。

それでは、気楽にハングルをはじめましょう。

韓国語の母音「얘」の発音

「얘」の発音は、割と簡単です。

『イェーイ!』と盛り上がるときの「イェ」と同じです。

『イエスかノーで答えて...』のときの「イエ」でもOKです。

取り合えず、実際に聞いてみましょう。

🎧 再生

ほぼ「イエ」に聞こえるでしょう? 言うときも、そんな感じで大丈夫です。

 

韓国語で「얘」という音の意味

『この子』が、どうのこうの、と言うときの「この子」の意味を持っています。

前にお話しした「」の意味なんて、もう忘れたころなので、簡単に復習しましょう。

そうですね、「애」は『この子』のときの「子」の意味でしたね。

うん?... なんか似てるな、と思いませんか。

 

はい、その通りです。 形も、意味も、「애」と「얘」は似ているのです。

『この子』が「얘」で、その中の『...子』が「애」で、残りの『この...』は?

はい、さすがです。 そうですね、「」でしたね。

 

すでに、算数が得意なひとなら、もうお気付きかと思いますが、こんな式が成立するのです。

「얘(この子)」 = 「이(この)」+ 「애(子)」

「얘(イェ)」 = 「이(イ)」+ 「애(エ)」

  という理由から、音的にも、意味的にも、イェでもイエでも、間違えようがない、ということになるので、安心して、使ってください。

 

しかも「この子」という意味は、日本語でのそれと似ていて、近くの子供を指差して話すとき以外にも、『あらま、この子ったら...』とか『そりゃお前、当たり前だろ...』などの「この子」、「お前」のような、感嘆詞や前置きの言葉としても、よく使われます。 ただ、普段も、相手を『この子』と言える距離感の間柄のときに限ります。

目上のひととの会話では使わないようにしてください。

 

韓国語で「얘」と読まれる漢字

韓国語の場合は、こんな漢字が「얘」と読まれます。

・・・

なんと、全く、ありませんでした。

つまり、「얘」という漢字は存在しません。

 

漢字を覚えなくても済む音があると、なぜか、毎回、得した気分になりますね。

 

韓国語「얘」の聞き取り

さぁ、本番です。 もし、「얘」という声が聞こえたら?

はい、先ほど、お話しした通りです。

近くに、誰か小さい子がいたら、たぶん、その子のことを話しているはずなので、どの子のことなのか、よく見て、聞いてあげてください。

 

それより、最後に、大事なことを言い忘れていたので、補足します。 「この子」の「子」は、日本語の場合と同じく、必ず、人間でなくてもOKです。 小さくて可憐な(?)子なら、ネコちゃんでもイヌくんでも、みんな、大丈夫です。

 

f:id:doitnowkeepitup:20200206001313j:plain

またボチボチ投稿するので、良かったら、また遊びに来てください。

💁 このエントリーをはてなブックマークに追加 🙋

次の記事も書きました。 暇つぶしにでも、読んでみてください。