つれづれハングル

気楽にハングルを始めよう

【気楽】 勉強いらずのハングル講座「つれづれハングル」 #왜

f:id:doitnowkeepitup:20200215215238j:plain

「왜」← これ、何か分かりますか? なんで、いつもこんな質問をしているか?と思うひと? はい、正解です。 その「なんで」ということをあらわす韓国の母音です。

まあ、今回は無理やりな感じが拭えませんが、気を取り直して、さっそく始めましょう。

電信柱の向こう側の、バス停に見えるというひとも、さっぱり分からないひとも、みんな大丈夫です。

というフォローもさておき、この1文字が、今回の記事のテキスト、韓国語の母音「왜」です。

そうです、今回は「왜」についてお話しします。 辞書もノートとペンもいりません。

それでは、気楽にハングルをはじめましょう。 🦔

韓国語の母音「왜」の発音

以前、「」のときに説明したとおり、素早く「おえ」⚡と言えば、ほぼ、近い音になります。 「외」が言いにくかったために、逃げ道として、「왜」と発音するようにお願いをしたほど、「왜」は、割と簡単に言える音です。

では、あらためて、もう一度、聞いてみましょう。

🎧 再生

聞き取れましたか。 「おえ」のように聞こえませんか。

 

韓国語で「왜」という音の意味

予習のとき、お話ししたとおり、「왜」は、『なんで?』や『どうして』『何故』などの理由を知りたいときの疑問をあらわす言葉です。 英語の『Why』と同じですね。

 

韓国では、とても良く使われる1文字で、質問のとき以外にも、答えるときも、声を掛けるときも、ひとり言でも、いつでもどこでも使える便利な言葉です。

例えば、名前を呼ばれたとき『왜?』と答えると、『はい、ここにいるよ、聞こえてるるけど、何か用?』のようなニュアンスになります。

ふてくされた声で『왜』と答えたら、「なに?いま忙しいのに、何なの?」と言った感じに聞こえたり、悲しそうな顔の友たちに『왜?』と、さり気なく声を掛けると「どうしたの?なにかあった?なんでそんな顔しているの?」のような優しい一言に聞こえたりするのは、日本語の場合とほぼ同じなので、同じ感覚で、どんどん使い倒してみてください。

多くを語らなくても、1文字でも十分、気持ちは伝わりますよ。 😊

 

その他に、昔の日本列島を指す名前の「왜」もありました。

国号が「日本」になる前の、むかしむかしの呼び方です。

 

韓国語で「왜」と読まれる漢字

韓国語の場合は、こんな漢字が「왜」と読まれます。

倭(왜)、歪(왜)

先ほど話した「日本」になる前の名前を含め、今回は、二つくらいです。

つまり、日常的には「歪曲」しか「왜」の漢字に出会うことは、たぶん無いですね。

「歪曲」も堅い言葉なので、会話よりは、文章で、たまに見かける程度でしょう。

外(외) 

ただ、「外」も、発音が難しくて「왜」と発音するひとが多かったので、一応、同じ仲間に入れてあげてください。

 

韓国語「왜」の聞き取り

さぁ、本番です。 もし、「왜」という声が聞こえたら?

はい、先ほど、お話しした通りです。

なにかしらの理由について、聞かれているなら、正直に答えてあげてください。

それがキッカケで仲良くなれるかもしれません。

 

逆に、そう答えられたなら、相手に変わったところがないか、よく様子を見ながら、会話を進めてください。 もし相手が、げんきのない顔をしているなら、優しく声を掛けてあげてください。 『왜...?』 🙀

 

f:id:doitnowkeepitup:20200215215232j:plain

またボチボチ投稿するので、また遊びに来てもらえると嬉しいです。

💁 このエントリーをはてなブックマークに追加 🙋

次の記事も書きました。 よかったら、読んでみてください。